結婚式やお宮参りなどの格式ある行事や、芸者さんの着物 、ちょっとしたパーティーやお茶会などのカジュアルな場でも活躍できる訪問着ですが、その歴史は実はそんなに長くありません。

古くから着物文化が栄えた日本ですが、訪問着が生まれたのは大正時代になります。百貨店の三越により「訪問着」という言葉が生まれました。その歴史的背景には文明開化があります。洋服の文化が輸入されたことにより、ビジティングドレスという概念が日本にも生まれました。それにより着物も、格式はありつつも気軽に楽しめるスタイルが求められるようになりました。そこで三越が生み出したのが、訪問着です。

歴史の浅い訪問着ですが、その人気は平成の今でも健在です。

その理由の一つに着用できる場所が多いことが挙げられます。格式ある行事はもちろん、少しおしゃれをして街に出かけたいときなどにも気軽に着用ができるのです。また落ち着いた色で、柄も控えめな一枚を若いときに購入すれば、歳を重ねてからも着ることができます。若いときは帯をゴールドやシルバーで華やかな柄が入ったものにすれば若々しく着ることができますし、歳を重ねてからは古典柄などでシックにまとめることが可能です。小物で印象を変えられる点も歴史の浅い訪問着が、現代日本に定着した理由の一つと言えます。

Be the first to comment!

Leave a Reply