着物には訪問着や色無地などの種類がありますが、見た目や着心地で選ばず格で選びます(参考:色無地の着物と、訪問着の違い。)。

訪問着とは、色留袖の次に格の高いフォーマルな着物で、未婚・既婚関係なく着ることができます。晴れやかな場所でのお呼ばれに利用し、肩から胸、裾から袖まで一続きになった絵羽模様が特徴です。結婚式やパーティ、茶会などに向いており、モダンな柄から伝統的な古典柄まで、幅広いデザインで人気のある着物です。訪問着の素材は縮緬・夏の絽・紬地があります。

色無地とは、一色染め又は同色の裾ぼかしのあるシンプルな着物です。入学式や卒業式、七五三や法事など幅広く利用できます。一般的に、明るめの色は慶事に、暗めの色は弔事に使います。合わせる帯や紋の有無によって格が変わります。色無地の素材は縮緬・綸子などです。慶弔両用の場合は流水や有職文様を、慶事用の場合には吉祥文様を選びましょう。

訪問着や色無地に似た、付下げという着物もあります。

付下げとは、訪問着よりもやや軽めで、未婚・既婚関係なく着ることができます。反物の状態で柄付けを行うため、縫い目で模様が繋がっていないのが特徴です。結婚式やパーティ、茶会など、訪問着と着るシーンは変わりませんが、格式ある場所のときには格の高い訪問着の方を着用しましょう。素材は縮緬・綸子・紬地です。訪問着のように縫い目で模様が繋がるよう改良された、付下げ訪問着と呼ばれるものもあります。

Be the first to comment!

Leave a Reply